日本人管理職向け研修

 

本研修では、外国人材に活躍してもらうための手段と方法について、具体的な事例を交えながら解説していきます。またプログラム内容は、クライアント様の課題や状況にあわせて、適宜カスタマイズしております。

「わかりやすさ」と「面白さ」をとことん追求した内容になっており、研修を受講された方から、総じて高い評価をいただいています。

 

日本人マネジメント層向け研修1 


プログラム内容例 
研修テーマ①「外国人雇用と受け入れ方の基本を学ぶ」

講義1.『日本で働く外国人の現状と今後の見込み』
(1)内なる国際化の現状
  ❶国籍別の割合

    ❷日本で働くベトナム人が急増している理由

    ❸中国人の来日目的の変遷

      ❹これから外国人留学生が激減していく

(2)外国人材を雇用するメリットとデメリット

(3)コロナ禍の外国人雇用への影響

    ❶最新情報の分析

  ❷アフターコロナも外国人雇用の潮流は変わらない

     ★動画1『高度外国人材はどれくらい優秀か』

 

講義2. 『雇用に関する留意点』
(1)在留資格について
    ❶受け入れの際にターゲットとなる在留資格

    ❷在留資格申請の成功例と失敗例

(2)おもな採用方法 

      ❶高度外国人材の採用方法と注意点

    ❷特定技能外国人/技能実習生の採用方法と注意点

(3)採用の際に気をつけるポイント

    ❶外国人材の日本語能力を評価する際の基礎知識

    ❷応募書類の優劣をどのように見極めるか
    ❸面接時に必ずチェックすべきポイント

    ❹日本語能力バイアスとは

(4)外国人雇用に必要な手続き
    ❶雇用状況届出義務

    ❷労働保険と社会保険の加入について

    ★動画2『技能実習制度の闇』

     【ワーク1】現状の採用課題について意見交換

   【ワーク2】実際に応募書類を評価してみる


講義3. 『望ましい受け入れ態勢づくり』

(1)外国人材の受け入れに必要な3つのポイント

  ❶外国人雇用の重要性を社員全員に伝える

    ❷孤独にさせない仕組みをつくる

    ❸適切な人物を上司に選定する

(2)理想的な人事評価制度とは
    ❶キャリアパスの明示

      ❷公平・公正な評価方法の例

(3)外国人材の具体的な活用例

    ★動画3『孤独にさせないサポート体制の例』

    ★動画4『こんなダメ上司はいらない』

     【ワーク3】自社の人事評価制度について意見交換

     【ワーク4】コンテクストチェック表を使った演習

 

補足.『どの国籍の人材を採用すればいいか』

(1)国籍ごとの特性と就業観
  ❶中国人の特性
    ❷ベトナム人の特性

  ❸フィリピン人の特性 

      ❹その他の国の国民性

(2)成功例と失敗例

 

まとめ.『外国人材受け入れの効能について』



研修テーマ②「外国人材を戦力化するためのコミュニケーションと指導法を学ぶ」

講義1.『外国人材の特性に関する基礎知識』
(1)日本人との違いについて
  ❶異文化理解の氷山とは

  ❷日本人とは異なる「時間を守らせる方法」

    ❸外国人がストレスを感じる日本人のタイプ

    ❹「できる」「大丈夫」という言葉の定義の違い

    ★動画1『不確実性の高いインドの交通事情』

    ★動画2『日本人の建て前は理解不能』

 

講義2. 『国籍・文化ごとのマネジメント法の違い』
(1)国籍ごとの特性とマネジメントのポイント
  ❶中国人、ベトナム人、フィリピン人、韓国人 他

  ❷国籍ごとの相性や好き嫌い

    ❸国籍混交チームをマネジメントする際の留意点

(2)ムスリムの基礎知識と応対法

  ❶ムスリム社員のおもな不満
    ❷職場で留意すべき点

    ★動画3『日本で暮らすムスリムの悩み』

   【ワーク1】国籍ごとの特性について意見交換

講義3. 『コミュニケーションと指導のポイント』

(1)コミュニケーションをとるうえでの前提

  ❶日本語能力バイアスとは

    ❷外国人が理解不能な日本人の特性

(2)日本語能力の低い相手に説明するときの留意点
    ❶日本語の習得が難しい理由

    ❷「やさしい日本語」とは

(3)外国人材に対する指導ポイント
  ❶マイルールの明示
    ❷利を伝える重要性

    ❸言語化5割増しの鉄則

    ❹ほめ言葉サンドイッチ法

    ❺代表的なNGワード

    ❻伝わる話し方のポイント

    ★動画4『日本人のあいまい言葉の具体例』

    ★動画5『老管理職の伝わらない話し方』

     【ワーク2】現状の指導の問題点について意見交換

   【ワーク3】やさしい日本語を実際につくってみる

     【ワーク4】具体的ケースを想定したトレーニング

 

講義4. 『マネジメントのケーススタディ』

(1)具体的なトラブル事例
  ❶指示のしかたを誤った例
    ❷注意のしかたを誤った例

 

まとめ.『異文化コミュニケーションを成功させるには』



研修テーマ③「日本語能力の低い外国人部下のマネジメント法を学ぶ」

講義1.『特定技能と技能実習の現状と今後の見込み』
(1)人手不足業界の外国人活用の状況
  ❶業種別、国籍別の外国人労働者の推移

    ❷コロナ禍の状況をふまえた今後の見込み

(2)外国人材を雇用するメリットとデメリット

  ❶特定技能外国人について

  ❷技能実習生について

(3)在留資格制度の概要と問題点

    ★動画1『特定技能外国人の活躍』

  ★動画2『技能実習制度の闇』

   【ワーク1】制度の問題点について意見交換


講義2. 『国籍ごとの特性と考え方』

(1)ベトナム人

  ❶ベトナム人の特性

  ❷ベトナム人と接するときの留意点

    ❸なぜベトナム人は日本を目指そうとするのか

(2)フィリピン人
  ❶フィリピン人の特性

  ❷フィリピン人と接するときの留意点

  ❸なぜフィリピン人はホスピタリティが高いのか

(3)ミャンマー人

    ❶ミャンマー人の特性

    ❷ミャンマー人と接するときの留意点

    ❸なぜミャンマー人は日本人と相性がいいのか

  ★動画3『バイクだらけのベトナムの交通事情』

   【ワーク2】国籍ごとの特性について意見交換

 

講義3.『トラブルを防ぐ伝え方のポイント』

(1)外国人材の語学力について
  ❶非漢字圏外国人の日本語習得の難しさ
    ❷国籍ごとの使用言語と英語力

  ❸外国人材の会話力をアップさせる方法

(2)外国人材に対する話し方のポイント

  ❶日本語が伝わりやすくなる「はさみの法則」

    ❷外国人材が意味がわからなくなる言葉とは

    ❸伝達の行き違いを防ぐための2つのポイント

(3)部下が日本語をほとんど話せない場合の対応法

  ❶図と絵を使って伝える

  ❷ジャスチャーで伝える

  ❸翻訳機を使う

  ★動画4『伝わらない話し方の日本人』

   【ワーク3】伝わる日本語にするトレーニング

   【ワーク4】図とジャスチャーだけで意思疎通を図るトレーニング

 

講義4.『指導とコミュニケーションの質を高める方法』
(1)指導法について
  ❶相手の主張に論理的に対応する

  ❷愛情を持って指導することを心がける

  ❸とにかくあきらめずに繰り返す

(2)コミュニケーション方法について

  ❶笑顔であいさつする

    ❷自分から話しかける

  ❸ほめ言葉を多く使う

      ❹知っておくと使える「相手の国の言葉」

   【ワーク5】効果的にほめるトレーニング

   【ワーク6】切り返しトークのトレーニング

 

まとめ.『外国人材のマネジメントを成功させるために』



研修で使用するテキストのサンプル

nihonjinmanag_1 nihonjinmanag_2
nihonjinmanag_3 nihonjinmanag_4

 

対象者

■外国人材の雇用を検討している企業の経営者、マネジメント層
■すでに外国人材を雇用しているものの、期待どおりの成果に結びついていない企業の経営者、マネジメント層
■企業の人事、研修部門のご担当者

 

講師

キャリアマネジメント研究所 専属講師

 

料金

■一日講義(6時間)… 44万円【税込】
■半日講義(4時間)… 33万円【税込】
■2時間以下講義 … 16万5000円【税込】
※別途、講師の交通費と宿泊費を申し受けます。


Copyright(C) キャリアマネジメント研究所 All Rights Reserved.